キャッシングの法律改正による影響について

キャッシングに関しての法律が変わったことがありましたが、具体的にはどういった改正の内容が実施されたのでしょう。
現在では、法律が見直されたことで、今までの問題点が解消され、トータルで考えた時にはいい結果だったと判断されています。
総量規制により、ノンバンク系のキャッシングは、年収の3分の1が融資上限となりました。
過度の借りすぎを未然に防ぎ、債務超過のトラブルを未然に防ぐことが可能です。

法改正以前にキャッシングの申し込みをした人の中には、年収以上の融資を受けている人もいましたが、それは例外です。
法律が見直されたために、低い金利での融資が可能になりました。
20%以上の金利は、利息制限法で禁じられるようになりました。
かつては、出資法の29.2%までの金利でも違法にはなりませんでしたので、大幅に金利が低くなりました。
現在はグレーゾーンでの融資は絶対にないため、以前に借りていた方が現在のキャッシングを利用すると、その金利の低さに驚かれることでしょう。
低金利で融資を受けたほうが利息が抑えられますので、金利の確認はとても大事なことです。
以前はモビットの簡単審査は高金利で融資をしているイメージでしたが、最近では18.0%ぐらいに留まっています。
信用金庫や銀行からの貸付金利は、昔とそう変わっていません。
金利も前と変わらず15%くらいです。