ビジネスローンの特徴を知って賢く利用する方法

会社の資金が必要な時に、ビジネスローンを使う以外に、キャッシングローンを使う人もいます。
キャッシンクは、日々の出費に使うことが基本です。
キャッシングで融資を受けた場合、借り換え用や、投機性資金、事業資金として使うことは、規約外になりがちです。
いくらキャッシングで融資を受けたとしても、ビジネス目的でそのお金を使うことは認められていません。
これがビジネスローンなら、借りたお金をビジネスのため使用することには、何の問題もありません。
ビジネス資金に使うお金を借りたい時にビジネスローンを使うものであって、その他の理由では使ってはいけません。
ビジネスローンには色々な種類がありますが、消費者金融会社から借りるお金は、生活費でも、事業資金でもOKです。
この場合の金利は、キャッシングのローンと同じぐらいの金利ですが、事業ローンで資金調達や、マイカーローンといったローンよりは金利が高めです。
家や自動車の場合は、それを担保にできますが、ビジネスローンは担保がないので、金利に転嫁されています。
どのように返済するかを明確にした上で、ビジネスローンを借りるというスタイルを貫くようにしましょう。
もしも、早いうちに返済ができそうなくらい手元資金に余裕があるなら、前倒しで返済をしたほうが、結果的に支払い利息額は少なく済むでしょう。
初回の借り入れで多めに借りるより、回数を分けてでもちょっとずつ借りる形にしたほうが、利息を少なくすることができます。
ビジネスローンは、借り方次第で返済のしやすさや、金額が変わってきますので、どんな借り方が正しいかじっくり考えてみてください。

キャッシングの法律改正による影響について

キャッシングに関しての法律が変わったことがありましたが、具体的にはどういった改正の内容が実施されたのでしょう。
現在では、法律が見直されたことで、今までの問題点が解消され、トータルで考えた時にはいい結果だったと判断されています。
総量規制により、ノンバンク系のキャッシングは、年収の3分の1が融資上限となりました。
過度の借りすぎを未然に防ぎ、債務超過のトラブルを未然に防ぐことが可能です。 Continue reading