キャッシングの枠はどのように設定されるのか

キャッシングの審査を受けるとき、キャッシングの枠と呼ばれる限度額の設定をします。

借り入れ金額の上限を枠といい、枠をオーバーしない限りは、何回でもお金が借りられるわけです。申込み時の審査が終了すると、キャッシング会社から限度枠が伝えられます。審査の結果と、申込時の希望からキャッシング枠を決めるため、希望どおりになるとは限りません。

年収の3分の1を越えることはありませんが、これは、キャッシング枠は総量規制の影響を受けているためです。これには他社のキャッシング会社からの借入も含まれるので、総借入額を年収の3分の1以内に抑えておきましょう。

キャッシングの審査を受ける前に、すでに総量規制の満額に達している場合は借りることはできません。総量規制が適用されないところに、銀行や、信用金庫がありますので、場合によってはそちらで借り入れ手続きをしてください。

キャッシングの枠は、申込者の返済能力を最重視して決定されるようになっています。キャッシング枠を大きく持ちたいと望んでも、審査の結果次第では希望は通らないでしょう。小口の融資を希望してキャッシングの申し込みをすれば、キャッシング枠自体はあまり待たずに得ることができるでしょう。

キャッシングの審査に通らない場合に多いのは、少しでも多く借りようとしてしまうことです。