生活に掛かるお金の見直し方

生活に掛かるお金で困らない方法をご存知ですか?すごーく簡単な方法です。
それは「入ってくる以上のお金を使わないこと」。たったそれだけで良いのです。

このバランスが崩れてしまい、入ってくる以上に支出が増えてしまうと、お金が足りないという状況になります。
その場合、さらに収入を増やすのか、それとも借り入れをするのか、この2択になるわけですね。さらに収入を増やすというのは現実的ではないでしょうから、当然借り入れを起こすことになります。そうすると翌月以降の支払いが増加して・・・という悪循環ですね。なので今の状況で収支が黒字なのか赤字なのかをハッキリさせておくことが重要なのです。

その時の考え方として参考にしていただきたいのが「固定費」と「変動費」という考え方。固定費は電話やインターネットなどの通信費、住宅ローンや家の家賃などの居住費、光熱費(水道・ガス・電気)などの公共料金や税金、生命保険などです。
変動費というのは、服を買ったりレジャーに出かけたりした時の娯楽費、コンビニなどの買い物にかかる支出などです。

固定費は、より安いプランが無いのか、収入に見合わない家に住んでいないか見直しましょう。普段の生活においては、無駄に使ってしまっている変動費がないのか見てください。この2つに分けてお財布の状況を分析することで、生活費のやりくり計画はかいぜんされていくことでしょう。
お金を借りたい方はまずはクチコミ確認から